インクジェット

過去数年で、インクジェット印刷は世界的な印刷マーケットにて不可欠な存在となりました。インクジェット印刷は従来型のアナログ印刷と比較し、主にUVアプリケーションにおいて様々なアドバンテージを有します。LEDやIR同様、UVシステムも乾燥・硬化手段として使用されています。また、インクジェットは紙や厚紙を含む様々な基材へ印刷することが可能です。

 

 

UVランプシステムに関してより詳しく      UV LEDシステムに関してより詳しく

UVインクジェット印刷の基礎

インクジェット印刷とその他印刷方式の主な違いは、印刷対象の画像と材料(インク)の連動に特定の”形”を持たないことです。画像データは直接印刷され、またそれは基材へ非接触で実行されます。これはいわゆる”コンピュータ to プリント”処理の技術として知られています。

 

UVインクジェットの基礎についてより詳しく    印刷についてより詳しく

UVインクジェットのアプリケーション分野

UV技術により様々な基材への印刷が可能になりました。インクを一瞬で乾燥・硬化できるこの技術により、印刷製品を即座に次工程へシフトすることが可能になりました。UVシステムはまたプロセスの信頼性を向上させ、結果、ロスの少ない数量で経済的な生産が可能になりました。

 

UVインクジェットのアプリケーション分野についてより詳しく