コーティング・ボンディング

UV systems from IST MetzのUVシステムは2Dおよび3Dアプリケーションにおいて様々な照射幅で使用されています。3Dオブジェクトの表面状態・処理は硬化技術において特殊な条件が求められます。IST METZは感熱性材料を含む多種多様なUVコーティングアプリケーションに関し、様々なソリューションを提供します。

以下のページにて、IST MEZT UVシステムのフィールドアプリケーションに関する情報を得られます。

自動車

自動車産業向けUVテクノロジー

自動車部品のコーティングでは、IST MetzのUVシステムを用いて硬化させることがプロセス(例えば、ニス塗り、接着)があります。ソルベントベース、ソルベントフリーまたは水ベースのUVニスを表面コーティングに使用することができます。自動車部品の特殊な高光沢処理や指紋付着防止処理、耐擦傷性など特殊効果は、UVシステムを使用して実現することができます。

従来型UVランプシステムやUV-LEDユニットは、カチオン系、ラジカル重合系、あるいは2液混合型材料を硬化させる際に使用されます。IST MetzのUVシステムは、スポットボンディングから幅広表面への接着まで、自動車産業において多数の用途を実現することができます。

自動車部品は、PVD(物理蒸着)プロセスを使用して効率的に仕上げることができます。このプロセスの間、真空チャンバ内のプラスチック上に金属が蒸着されます。このプロセスでは、UVプライマー又はUVトップコートを硬化させるためにUVシステムが使用されます。

基板

  • プラスチック、例:PET、ABS、PC
  • ガラス
  • アルミニウム

アプリケーション

  •  中央コンソールや計器などの内装及び外装部品
  •  ヘッドランプガラス
  •  ディフューザーレンズ
  •  フロントガラス
  •  IMDコーティング(インモールドデコレーション)
  •  ポンプ、ギア、ロッドアセンブリなどの黒色部品
  •  ずれ防止マット用UV接着剤
  •  ブレーキ及びクラッチライニング
  •  リフレクターハウジング
  •  アルミニウムリム

IST技術の特長

  •  基板の低熱負荷
  •  高いUV照射効率によりエネルギー消費量を削減
  •  システムのコンパクトな設計により、既存の生産システムへの容易なインテグレーションが可能
  •  必要に応じて、LEDとUVランプ技術を交互に操作できます。
  •  イナートUV及びエキシマシステムの低窒素消費による運用
  •  ドイツ製:ニュルティンゲンのISTグループ本社でUVシステムのコア部品を製造(UVランプ、バラストを含む全てのUVコアコンポーネントの開発と製造
  •  開発を短縮するためのシミュレーションソフトウェアの活用

産業アプリケーションの専門知識

  •  機器メーカー、OEM、塗料及び原料メーカーとの長期にわたる協力関係
  •  各協会、研究開発センターとのコンタクト
  •  自動車産業における、高度に開発されたプロセスの専門知識
  •  生産システムにUVシステムを統合する専門技術
  •  IST Metzグループは、空冷及び水冷UVシステムの世界最大の製品ポートフォリオを提供しています
  •  LED、UVランプ、エキシマ技術を用いた専用カスタムUVシステムのの開発
  •  本社に設置のLED、UVランプ及びエキシマラボシステムにより、長年の経験を有するISTプロセスエンジニアリングによるカ スタム検証およびアプリケーション毎のトライアル試験を実施
  •  生産現場での試運転用レンタルシステム
  •  グローバル販売拠点及びサービス子会社による効率的なユーザーサポート
  •  装置メーカー毎の専用ビジネスモデル

コンサルティングとサポート

ご興味ありますか? お問い合わせください!