UV印刷

異なる印刷アプリケーションのためのUV技術

私たちは日々UV技術を目の当たりにします。世界中で、人々はUV印刷あるいはUVコーティングされた製品にたずさわっています。シャワールームのシャンプーボトル上のラベル、ドアステップに置かれたダイレクトメール、スープを入れる柔軟性パッケージ、ディナー後に出てくるきれいなチョコレートの箱等がそうです。私たちが知らないうちに、UVは想像を超えた形で生活に入り込み、私たちのニーズや要望を満たすために想像力豊かな様々な形で役立っています。

グラフィックアート産業では、UVあるいは熱乾燥システムが様々な印刷機タイプに使用されています。

新聞印刷

新聞印刷のための高い印刷クオリティ

何機ものUVシステムが新聞印刷機に使用されています。IST METZでは新聞印刷に関し、UV印刷方式へ変更するポイントや失敗のない装置選択についてアドバイス・詳細な説明を行います。新聞印刷においてUV技術を使用するアドバンテージは、新聞販売店等で目にする革新的な印刷物により例示されるでしょう。これら既にUVをインストールしている例とは別に、数多くの新聞メーカーや版製作会社からUVソリューションに関する興味をいただいています。

これらの可能性は、時としてUV硬化方式の導入が与える業績への影響を論争する機会にもあります。一般的には、導入を検討される企業は即座に投資対効果を見極めることを求めます。出版社は、その拡大投資に対して慎重になり、新しい新聞輪転機の導入にブレーキをかける結果を招き、その他の早期の回収が見込める投資を常に選択します. 元々持つ印刷キャパの高さが背景となる一例として、ヒートセット処理を外注した製品を社内印刷することがあります。様々な手法が検討されますが、印刷全体のプロセス・流通において、論理的・総合的にコストメリットがあるのは、そのインク価格がヒートセットに比べ高いにも関わらず、UV印刷となります。インク価格に関しては、ヒートセット用インクの価格が例えば天然ミネラルオイルの価格上昇と連動して上がったとしても、そして高価なレベルを維持したとしても、UVインクの価格はまだ高く、たとえUVインクが100%無駄のない使用量だとしても(乾燥後)、40%が溶剤分となるヒートセットインクと比較してもやはり20%程度は高価なインクとなります。

既存生産ラインへの失敗のないインテグレーションを実施するために、これらの要素は重要なファクターであり、失敗のないインストールを実施するために十分考慮する必要があります。一方、UV硬化によるヒートセット方式を超える技術的アドバンテージは、経済的にも技術的にも従来プロセスを超えることとなります。

UV新聞印刷の利点

  • 瞬時硬化, 高密度
  • 広告のインライン印刷が可
  • コーティング済カバーへの印刷
  • SC/LWC品質基準による印刷
  • 挿入紙(広告等)の事前生産
  • 興味深いコマーシャル
  • 既存製品への付加価値

インストール成功への重要認識要素

  • 一般的にはインクコストが高い
  • 異なるレオロジー (ポンピング)
  • 異なる化学的特徴 (インクローラー, ブランケット)

技術的利点

  • 焼きつかない
  • アフターバーナーや部分焼成の必要なし
  • 熱によるウェブ収縮・ 再加湿がない
  • 不安定なシリコン処理によるムラがない
  • 紙繊維の変化がない
  • アイドルローラ, フォルダー, 搬送ベルトへの裏写移りがない
  • ドライヤーの汚染・変形が起きない
  • 製品やウェブに波打ちが起きない
  • ヒートセットドライヤーと比較し、省スペースでの設置が可能
  • 乾燥前のウェブ方向転換がない