UVセット乾燥機:Dar Assabah (ダ・アサバ : チュニジア)

UV技術により、コート紙への広告印刷が可能になりました

ダ・アサバ(Dar Assabah)は、1951年にハビブ・チークロウホー(Habib Cheikhrouhou)によって設立されたチュニジアン・プレス・グループで、現在は創設者の家族によって運営されています。メイン会社の"Assabah"はチュニジア国家の開発をフォローし、1975年以来フランスの会社" Le Temps"によりサポートされています。それ以来、他の関連グループ会社は、チュニジア全国の印刷機で重要な役割を果たしています。

 メイン会社では多数の広告発行に貢献しています:

  • アサバと増刊アサバ・リテラレ、アサバ・エコノミー、アサバ・デ・ジューンズ、アサバ・ポスティーク、アサバ・デ・ラ・ファム
  • エとアサバ・デュ・ディマンシュ
  • ル・テンペスと増刊Bon Weekend、Le Temps Autos et EconomiaLe Temps and the supplements Bon Weekend, Le Temps Autos et Economia
  • アル・オスボーイ
  • サバアルケアール
  • L'Expressionとその増刊Femmes de Tunisie(2008年6月以降は別タイトル)

 

1971年まで、新聞は "La presse de Tunisie"の印刷機により印刷されました。 1972年から2002年にかけてはGOSS社印刷機により印刷され、また、2002年3月以降には2機の4HIタワーと4機のシングルユニットを備えたManugraph S30ニュースラインを導入しました。広告印刷の革新は、グループ成功のための重要なファクターです。 また、独自の印刷工場にて実施される広告の事前印刷と組み合わせることで、UV硬化装置への投資を決定し、ストックのコート紙へ印刷する技術的な可能性を実現しています。技術的な追加要求となった最大速度30,000r / h、カットオフ578mmを実現するため、IST METZのシングルランプシステムの追加を実施しました。 このシステムは2008年12月に稼動し、夜シフトの新聞用コールドセット印刷に追加で稼働されています。