ステリチューブ (エアー殺菌)

クリーンエアーが違いを生む

過去10年間でSARSとインフルエンザのパンデミックは、空気感染による大きな社会的及び経済的に影響を与える可能性があることを全世界に示しました。

 

IAQ(室内空気質)の重要性を言い換えると、病原性物質が空気伝染より広がる可能性は、一般的に広く知られています。

 

エアー殺菌さらに詳しく 

 

UVPE(紫外線病原体除去装置)

空気がUVPE内を通過することで、微生物のDNA(チミジン)がブロックされ、細胞分裂を防止し、微生物が無害になります。(医療:感染性がなくなる。工業用:製品の腐敗がなくなる。)

 

健康管理施設のクリーンエアー

不適切な衛生管理空調による院内感染の増加、獣医産業とグローバル化の激化によるパンデミックの脅威の増加、抗生物質強制医療スタッフ及び従業員はキュレーションではなく防止についてもっと考える必要があります。

 

WHOの議題では、空気の重要性、つまり病原性物質を空気で伝達する可能性があることが重要課題になっています。

 

カタログをダウンロード

 

産業用アプリケーションのクリーンエアー

食品産業は非常に創造的ですが、消費者が絶対的な透明性を求めることにより、新しい基本的な未来の形を作ります。健康保安は妥協のない、将来のクリーンラベルの開発、そして消費者はより多くの知識・情報により、自然な食物を求めていきます。

 

食品産業における大気室の重要性は、時に過少評価されています。ステリチューブは、空気を浄化し、カビ・胞子・バクテリアを取り除きます。空気が製品を汚染する事がなくなります。

 

カタログをダウンロード

 

製品ビデオ

もっと詳しく!