UVホットスワップ技術

IST MetzのLAMPcureとLEDcureシステムの新しいホットスワップのコンセプトは、お客様がいつでも両方の技術を交換できるようにします。 LED UV技術は、遅かれ早かれ印刷の確立された方法になります。 新しいホットスワップのコンセプトにより、お客様は確立されたUV技術から新しいLED技術に切り替えることができます。

 

UV Hot Swap Flyerをダウンロード

すべてのアドバンテージが一目で分かる!

効率を追求!

LED UVへの代替え

ホットスワップのコンセプトは、既設UVランプシステムのLED UVへの代替えを可能にします。 この技術では、機械側に設置されたランプハウジングは交換する必要がなく、LAMPcureユニットは”カセット”として設計されたLEDcureユニットに置き換えることが出来、自動的に電源への接続処理が完了します。

冷却

空冷システムまたは水冷システムどちらにも対応しています

ELC-Xシリーズ

IST METZのホットスワップコンセプトにおけるエネルギー供給と制御は標準システムの仕様に基づいています。 ELC-Xシリーズの主な役割である電源供給を、LAMPcureおよびLEDcure両システムで使用することが出来ます

市販の機械システムに設置出来ます

新しい印刷技術への投資を計画しているお客様は、ジレンマに直面するかもしれません。従来使用してきたUVユニットを使用する場合、それらは長期間にわたる運用実績から得られる”安心感”を与えます。しかし、一方、LED UVを最大限に有効活用するチャンスを逃してしまうかもしれません。 この新技術にフォーカスするお客様は、市場の他のユーザーが状況をモニターしている間にいち早くメリットを得られることが出来、結果、その投資は経済的な価値を高めます。新しいホットスワップのコンセプトにより、ユーザーは標準型UVランプとLED UVの両方を使用することができます。 UVユニットは、マーケットでメジャーな機械メーカーのすべての機種にインストールすることができます

エネルギー効率に優れた技術

様々な制御が可能なランプ出力設定に加え、システム準備時間無の即時運転、生産休止中のシャットダウンオプション、生産・印刷幅に応じたLEDランプの点灯制御によりエネルギー効率を追求できます

環境にやさしい

ダイオードは水銀を含まず、オゾンを発生せず、UVA光のみを放出します

長寿命

UV LEDは20,000時間以上の動作時間が可能です