産業用アプリケーションにおけるLED硬化の原理

LEDによるUV硬化

物理学では、光は一種の電磁放射線です。人間の目に見える光は、波長380nm~780nmの範囲です。UV(紫外線)およびIR(赤外線)の範囲は、丁度この範囲から外れています。インク、ニス、シリコン、シール剤、接着剤等の硬化を行うシステムは100nm~380nmの波長範囲のUV光を放射します。UVアークランプとは別に、LEDシステムはその市場展開が始まって以来、産業用途での活用が増えています。LED(Light Emitting Diode)が産業用アプリケーションで使用される場合、要求される出力を満たす小型構成が要望されます。

 

LEDシステムについてさらに詳しく      UV LEDとUV ランプの比較についてさらに詳しく

多くの要望に適合するためのコンパクトかつ自由度の高い拡張性

インクや接着剤を硬化するLEDシステムはモジュール構成による拡張性を有します。またその構造により、異波長の組み合わせも可能となります。モジュール構成による拡張性を持たせる場合、電源ケーブルの構成が複雑になります。各モジュールが連結される場合、各モジュールへの電源並列接続が必要となります。この問題を解決するために、デザイン当初から電源内部の構成を熟慮し、ケーブルサイズや本数などを最小限にする仕様が完成されました。

LED硬化技術の利点

LED技術はその利点が要求される様々な産業用乾燥/硬化アプリケーションで使用されています

 

  • 即座のインストール・設定による使用が可能
  • 高周波クロック周波数
  • 低い熱伝導率
  • 高効率
  • 長寿命
  • コンパクトデザイン

      LED UVは数多くの産業で使用されています

      印刷産業だけでなく、コーティング剤や接着剤を各種基材に塗布する様々な産業用途で使用されています

       

      • 装飾
      • マーキング
      • ジョイント/接着
      • 固定/接着
      • 各種保護膜形成
      • 耐薬品用保護コート
      • 映像技術

         

        インク、ニス、シリコン、シーリング、接着剤の乾燥用として、LED硬化技術は採用可能性のある様々な産業用アプリケーションが存在します。レトロフィットもその一つです。お客様が新しいターゲット・アプローチをお考えの場合はISTにご相談ください。ISTは守秘義務をお約束した上で、継続的なサポートを実施します。

        連絡先:

        Yasushi Katsuta

        IST East Asia (株)
        042-310-9717