LED vs UV ランプ - 産業用硬化技術比較

トライ&テストによる技術 or 将来性のある技術

LEDは照明産業では多大なマーケットシェアへと成長しました。LED技術の使用は多大な投資を必要としますが、その結果はLEDシステムそのものの利益をはるかに超えることになります。それは、省エネであり、長寿命運用です。

LED技術では、硬化範囲においても多大な論点があります。40年以上の歴史・実績により、広範囲の波長を放射するUVランプがあらゆるアプリケーションにおける確たるデバイスとなりました。LEDの限定された狭帯域の放射波長は、UVランプのポジションを代替えできないことを意味します。LED UV技術は365nm~405nmの照射波長範囲で機能します。一方、UVランプは450nmまでの発光波長を有します。

確実な成功のため、ISTとのミーティング要望が増加中です

放射キュアリングのタスクは明確に定義されます。検討の最終目標は、硬化条件におけるお客様の要求を満たし、生産工程へ導入することです。最大限の効率で要求を満たすため、LEDおよびUVランプそれぞれが目標に合ったデバイスになり得ます。LEDおよびUVランプの選択は決して安易に決定できることではありません。

 

インテグレーション成功のための要求事項は以下の要素により決定されます:

  • 形状
  • 重量
  • 冷却手段
  • 化学反応
  • 要求エネルギー
  • 製品のハンドリング性
  • 製品の性質
  • 生産スピード

 

これらファクターは、例えばインクジェットアプリケーションや接着剤塗布におけるLEDの使用を提案する結果となります。その他LEDシステムの使用例としては、商業印刷などもあります。製品の性質や生産スピードは最も重要なプライオリティとなります。

 

LEDシステムについてより詳しく      UVランプシステムについてより詳しく

UVランプとLEDの比較

UVランプあるいはLEDシステムそれぞれでの要求事項に加え、これらデバイスには技術的な相違点があります。産業用途での硬化において、それぞれの技術の最も重要な特徴が以下に挙げられます。

すべてのアドバンテージが一目で分かる!

効率を追求!

LEDの主な利点

  • 部分照射
  • クロック制御
  • コンパクトデザイン
  • 基材への熱放射の低減
  • オゾンレス
  • 水銀レス
  • 省エネ効果大
  • 長寿命
  • 即座の点灯・消灯
  • 水冷・空冷選択可

UVランプの主な利点

  • 確立された技術
  • 幅広い範囲の照射スペクトル
  • 高エネルギー入力
  • 広範囲にわたるインク・材料が使用可
  • 様々なオプション選択可
  • 低投資コスト
  • 簡易交換可能なランプおよびリフレクタ
  • 各種ドーピングによる様々なスペクトル
  • 熱交換器による受動型水冷方式

アドバイスとテスト

UVランプ?LED?特定の硬化アプリケーションにおいて、正しい光源を選択するには経験と専門的な知識が要求されます。プロジェクトにおいては、実際の試験を実施することで特定の技術にて要求される解決方法へ導くこともあります。IST METZではスペシャリストが様々なプロジェクトに関する適切なアドバイスを実施し、UVランプおよび様々な波長あるいはコンビネーションによるLEDシステムでの詳細試験条件を提案します。
連絡先:

Yasushi Katsuta

IST East Asia (株)
042-310-9717