UV乾燥

(= UV硬化)

UV硬化プロセスは、波長200〜480nmの可視光スペクトルから放射されるUVエネルギーおよび光線を使用します。 UVエネルギーはインクとニスを数秒で硬化させます。 UVシステムは基本的にUVランプ、リフレクタ、ランプハウジング、冷却システム、および電子操作パネル/制御システムから構成されます。 必要に応じて様々なオプションを追加することができます。 IST METZは個々の部品の精密な製造、UVユニットの完全な校正、生産プロセスへのUVシステムのシームレスインストールにより、最高品質基準の生産を行っています。

比較:従来の乾燥方式 vs. UV乾燥

熱による物理的乾燥

  • 乾燥効果は、揮発性成分の蒸発に基づいています。 必要なエネルギーは、赤外線および/または熱風を介して供給されます。
  • 揮発した成分比率により、乾燥後のコーティング膜厚が変化します。 また、揮発性成分は排気処理によって除去しなければなりません。

UVによる化学反応による乾燥(= UV硬化)

  • 乾燥効果は、重合、すなわち、分子結合のクロスリンクに基づきます。 クロスリンクに必要なエネルギーは、UV放射によって供給されます。
  • 100%固形成分のため、乾燥後の塗膜厚は乾燥前の塗膜厚と同一であり、膜厚損失はありません

製品ビデオ

もっと詳しく!
連絡先:

Stefan Feil

Anwendungsentwicklung
+49 7022 6002-700