UV Days 2019

"Tradition meets modernity" was the motto of the UV DAYS 2019 - Below you will find impressions of the last event in 2019.

前回のUV Daysではハイライトの一つとしてLow Migration印刷を実現した食品パッケージ印刷機のデモを行いました。それはフードボックスで食事を提供していたさまざまなフードトラックだけでなく、ゲストの方々に大変な人気となりました。 IST Metzでは、このプログラムのための数多くの新しいイベント・アイデアを考えました。ドイツの業界誌Deutscher Druckerの提案によるパネルディスカッションおよびFESPAの共同創設者Frazer Chestermanによる画期的な講演によりこれらのアイデアが紹介されました。さらに、VSKEと協力して、IST MetzはUV技術を使用した食品安全包装の印刷に関する新しいガイドラインを発表しました。

UV Daysで“ギミック”を印刷

ペーパーギターはビジターのための印刷ギミックでした。 UV光によるインクとニスの乾燥を含むギター本体の印刷は、1回はUVランプ技術で、もう1回はUV LEDシステムで実演されました。 さらに、ホットホイルエンボス加工によるギターネックの仕上げが行われ、これもまたUV光によって硬化されました。

スマートフォンをギター上部の折り畳まれた部分に装着することができます。 それは3D印刷プロセスによって作り出されたホルダーに固定されています。 頭の上は段ボールのタブで閉じられています。 このイベントのために特別に開発されたAppleまたはAndroidデバイス用のアプリをロードできます。 それにより、ギターを弾くときと同じように、左手の指が正しい弦に触れてポイントを獲得するというゲームを行うことが出来ます。

2017年のレビュー

連絡先:

Yasushi Katsuta

IST East Asia (株)
042-310-9717