UVランプ

グループ社内製造のUVランプ

UVユニットとしての信頼性は、取り付けられたUVランプの品質に大きく依存します。 高品質な基準を保証するために、IST METZは1988年にeta plus electronic社を設立しました。該社すべてのIST UVランプを社内生産しています。

多種多様なアプリケーション向けに開発された、それぞれ固有の発光スペクトルを持つUVランプは、工業用アプリケーションにて使用される各種基材(木材、紙、プラスチック、金属、ガラス、等)にてUVインク、ニス、接着剤を効率的に硬化させるために製造されています。

製造されるUVランプは、幅100〜2300mm、出力40W / cm〜240W / cmに対応しています。

 

UV Lamp カタログをダウンロード

UVランプの品質管理

製造プロセスが完了した後、UVランプは厳しい品質試験を受けます。 動作電圧、電流、特定のエネルギー出力、およびUV-Cレンジにおける出力照度が確定され、評価および基準値との比較試験が施されます。すべてのUVランプは厳密にテストされ、認証されています。

FLC 高速ランプ交換

新しいFLCシステムではUVランプの交換が迅速かつ簡単に実施できます。

 

クーリングサイクルの後、UVランプユニットをオープンあるいは引き抜くことでランプへのアクセスが可能となります。ランプはハウジングから簡単に抜くことが出来、付属の工具を使用してユニットから取り外されます。 ランプを取り外すために必要な取り外し部品あるいはケーブルはありません。 ランプを取り外すことで、リフレクタの清掃が可能となります。新しいランプは、簡単にランプハウジング内に取り付け出来ます。ランプソケットに軽く押し込むことで、ランプは自動的に所定の位置に固定されます。

連絡先:

Yasushi Katsuta

IST East Asia (株)
042-310-9717